ポポーの木
寝るのって気持ちいです
Twitterトレンド

100日後に死ぬワニの最終回の意味がやばい!?考察や感想まとめ!

皆さんこんにちは。

最近Twitterで「100日後に死ぬワニ」という漫画が流行っていますよね!

2019年12月12日に「100日後に死ぬワニ」の1日目が投稿され、その人気はうなぎ上りでした。

Twitterをされている人ならば一度は見たことある作品であると思います。

さてそんな100日後に死ぬワニも2020年3月20日に最終回を迎えましたね!

Twitterトレンドで世界1位を獲得し書籍化や映画化も発表されるなど今後も注目を浴びる作品であることは間違いありません。

しかしそんな最終回ではネットでは「意味が分からない」など数多くの疑問を残したまま最終回を迎えた方も多いはずです。

ということで今回は「100日後に死ぬワニの最終回の意味がやばい!?考察や感想まとめ!」と題しましてお送りしていきたいと思います。

今回の記事

・100日後に死ぬワニの最終回の意味がやばい考察も

・感想まとめ

以上の項目で見ていきたいと思います!!

100日後に死ぬワニとは?

まずは最終回の考察をする前に100日後に死ぬワニがどんな物語なのか見ていきたいと思います!!

こちらのサイトさんで1日目からまとめられていましたので、まだ見てない方は是非見てください。

また作者さんとTwitterがこちらになります。

作者さんは「きくちゆうき」さんという方でイラストレーターの方のようですね!!

この100日後に死ぬワニの魅力はなんといってもなんでもない日常を送るワニの生活を描いているのですが刻々と近づいてくる死へのカウントダウンのギャップが読者の気持ちをジリジリと急かしていきますよね。

・100日後に死ぬワニの最終回の意味がやばい考察も

さて、こちらの物議をかもした100日目の投稿。

皆さんは一体どんな印象を受けたのでしょうか?

死んでしまったのか、それとも生きているのか!

気になりますよね。

こちらのラストシーン、ワニを除くお馴染みの面々がお花見をしていますね。

そして、「おせーな」「そのうちくるっしょ」という会話のあと、ネズミくんが迎えにいくわといってワニくんに写真を送ります。

そして、ワニくんとひよこがうつるというざっくりまとめるとこんな感じのラストなのですが、これは何を意味してるのでしょう!

筆者も考察をする上でTwitter、ネットなどを検索して考えたのですが、自分の考察と近いものを見つけたのでご紹介したいと思います。

それがこちらになりますね。

わかりやすくまとめてくださっているので、是非ツイートを見てほしいと思います。

結論から言うとワニくんは死んでしまったのではないかなと思います。

ぱっと見よくわからないラストなのですが、お馴染みのメンバー+ワニくんを数えると5人。

しかし用意されているおにぎりは4つしかありません。

既に食べてしまった…というのもあり得なくはないですが…

どうしても違和感が残りますよね。

そしてこの「おせえな」というセリフこれは3月20日が春分の日であり春一番が吹くのを待っていたのではないかなと思います。

そして、迎えにいくと出かけたネズミくんのスマホの画面には「よくね?」と文字がありますが、最後のワニくんの画面にはよくね?の文面がありません。

ラストのワニくんの絵からネズミくんがいるとこは同じ場所な雰囲気がありますので、そこでワニくんは死に、その追悼で集まった4人は春一番が吹くのを待っていたが待ちきれなくなったネズミくんはワニくんが死んだ現場に行きもういないワニくんに向けて同じ場所から桜を撮って送ったのではないかなと思います。

・感想まとめ

それではここからはTwitterにあった感想をまとめていきたいと思います。

書籍化、映画化が発表されたことで不満に思う方がいたり、この100日後に死ぬワニをうけて改めて日々を大切にしようと思う方がいたりと…

さまざまな感想が見られました。

筆者としてもとても人生とはみたいな部分を見つめ直しましたね。

まとめ

さていかがでしたか?

今回は「100日後に死ぬワニの最終回の意味がやばい!?考察や感想まとめ!」と題してお送りいたしました。

これからのグッズ展開や映画化、書籍化とても楽しみですね!

それではまたお会い致しましょう!!